ご案内_AWS CloudTech
インフラ基礎講座
準備
AWS基礎_主要サービス
冗長化とスケーラビリティ
DNSと障害対策
HTTPSとキャッシュ
Infrastructure as Code(IaC)
AWS CLI
コラム
サーバーレス
Docker

ご案内2_このコースで学習する内容





00:00
基礎カリキュラムについて
学習する内容について説明します。
最終的にはこのような構成図を作成してもらいます。
こちらは現場で使われるスタンダードな構成図です。
学習する内容について
webシステムとはなにか。
基本的なインフラの全体像を叩き込んでもらいます。
次サーバーやネットワークといったAWSに必要なインフラの基礎をここが重要、学習してもらいます。
VPC,EC2,IAMこれら3つのサービスAWSの基本となるサービスを徹底的に学ぶ。
データベース、ロードバランサー、監視、キャッシュなどのその他基本awsサービスをも学習してもらいハンズオンで仕様して学んだ知識を実践で動かしあなたの血肉になるように知識として落とし込んでいただく。
01:00
今から説明するハンズオンの図に関しては簡略化している。
AWS学習を短期間で効率的に学習するためには実際に手を動かすのが一番重要、なのでぜひハンズオンは動画のとおりではなく+αまで踏み込んでさまざまな設定をいじって作って壊し手をぜひやってみて下さい。
短期間で身につく魔法の方法があるとすれば実際に手を動かして見つけるハンズオンこそが一番近い方法
1:30
ハンズオンの図
クライアントがあなたのPCです。
あなたのPCからオリジナルのドメインでhttps通信でAWSへ通信が向かいましてオリジナルのサイトが閲覧できる状態に持っていきます。
このハンズオンで基本的なawsサービスの概要知識を学んでいただきます。
基本サービスを丁寧に学んで確認テストや課題コミュニティなどを通じて理解をより深める
AWSを利用してのネットワークやサーバーの土台を含めて自分でサービスを構築できるようになります。
02:00
awsのクラウドコンピューティングの概要、EC2,VPC,IAM,RDS,AutoScaling,Route53,ELB,S3,CloudWatchCloudFront,CloudFormationなどのサービスこれらがどのような機能なのかどのように設計したらベストプラクティスなのか基礎から応用までの考え方が身につきます。
しっかりとしたAWSのインフラの基礎知識が学んで身についている。
今後はこの講座で取り上げなかったその他のawsサービスも効率的に学習が出来ます。
実践力が身につくというわけです。
02:30
ハンズオンにあたってのAWSの料金は少しかかってしまいます。
予めの資産でハンズオン1回あたり10円程度で学べます。レッスンページにお記載しいるので確認下さい。
なお、AWSアカウントを発行して1年は無料枠があるためもう少し安くなる。
ただし200円払うとそうとう学ぶことが出来ます。学習の必要経費と思ってお願いします。栄養ドリンク1本分いないです。AWSリソースの消し忘れで課金されないように課金アラームを設定します。設定した金額で以上に到達した地点でメールでお知らせが来るように設定する動画を用意しているので安心して下さい。
この他にも様々なレッスンや追加のアップデートを行っています。
それらのお知らせは随時会員制コミュニティにて管理しています。